TitanFXの法人口座|開設方法&必要書類を画像付きで詳しく解説!

TitanFXの法人口座

TitanFX(タイタンFX)は高い約定力と最低0.0pipsのスプレッドを提供している総合力の高いFX業者です。そんなTitanFXで法人口座を開設すれば、損失繰越が9年間に延長できたり、住居費やパソコン代などを経費で落とせたりします。

しかし、法人口座開設を検討している方の中には「開設方法が難しそう」「自分にもできるのか不安」という悩みを持っている方も多いでしょう。

この記事では、TitanFXで法人口座を開設する方法と失敗しないための注意点を詳しく解説していきます。無駄な手順を踏むことなく効率的に法人口座を開設するコツを紹介するので、しっかり確認してください。

\ 低コストで取引したいなら使わないと損! /

公式サイト:https://titanfx.com/register

目次

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設方法

TitanFXで法人口座を開設するには、以下の3つのステップを行う必要があります。

  1. 必要書類を用意する
  2. 法人口座を開設する
  3. メール認証を行う
  4. 法人確認手続きを行う

事前に用意する必要書類と法人口座開設の手順、法人確認の手順をそれぞれ解説していきます。

必要書類を用意する

法人口座の必要書類は取得に時間がかかる可能性もありますので、事前に準備しておくことをおすすめします。

必要書類の提出を後回しにしても口座を開設することはできますが、TitanFXで必要書類の承認を受けて、初めて取引や出金が可能になります。

必要書類を事前に準備しておけば、効率的にトレード可能な状況まで進むことができます。

また、TitanFXの法人口座は「日本法人」・「海外法人」ともに開設可能となっています。それぞれの法人口座で必要な書類が異なりますので、順番に解説していきます。

日本法人の法人口座開設に必要な書類

日本法人の口座を開設する場合には、事前に以下の書類を準備しましょう。

日本法人の法人口座開設に必要な書類
  • 会社の登記簿謄本:履歴事項全部証明書
  • 【定款に記載のない場合】役員・取締役全員の登記を示された書類
  • 【定款に記載のない場合】株主全員の登記を示された書類
  • 代表者、又25%以上の株主保有者の必要書類
    • 写真つき本人確認書類 :運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなど
    • 住所証明書類 : 3ヶ月以内に発行された住所の記載されている書類(銀行明細書・カードご利用代金明細書・住民票・戸籍抄本/謄本・公共料金の明細書など)

なお、履歴事項全部証明書は法務局証明サービスセンター窓口以外にもインターネットからオンライン交付請求が行えます。窓口に行くのが難しい方は利用してみてください。

海外法人の法人口座開設に必要な書類一覧

海外法人の口座を開設する場合には、事前に以下の書類を準備しましょう。

海外法人の法人口座開設に必要な書類
  • 法人設立認可証・基本定款 (Certificate of Incorporation)
  • 役員・取締役全員が記載された書類(Company Statement)
  • ※【オフショア法人の場合】登録エージェントが発行した書類(Certificate of Incumbency)
  • 【定款に記載のない場合】役員・取締役全員の登記を示された書類
  • 【定款に記載のない場合】株主全員の登記を示された書類
  • 代表者、又25%以上の株主保有者の必要書類
    • 写真つき本人確認書類: 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなど
    • 住所証明書類 :3ヶ月以内に発行された住所の記載されている書類(銀行明細書・カードご利用代金明細書・住民票・戸籍抄本/謄本・公共料金の明細書など)

海外に拠点がある場合は、日本法人とは異なる書類が必要なので注意してください。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を開設する

それでは、法人口座の開設手続きの流れを解説していきます。

公式サイトの口座開設ページへアクセス

まずは以下のTitanFXの公式サイトから「リアル口座開設」の緑のボタンをクリックします。

\ 低コストで取引したいなら使わないと損! /

公式サイト:https://titanfx.com/register

公式サイトが英語で表示されてる場合は、口座開設ページ右上にある「LNG」から日本語に変更することができます。

ユーザ登録を行う

口座開設ページへアクセスしたら、まずはユーザー登録を完了させましょう。

登録項目は以下の通りです。

ユーザー登録の入力事項
  • お申込み口座を選択
  • メールアドレス
  • パスワード:小文字、大文字、数字の3種類の文字を含める7文字以上
  • ニュースレターの受け取り同意:開設後に変更可能

法人口座を開設する際には、「お申込み口座を選択」の欄で「法人取引口座」にチェックを入れるのを忘れないようにしましょう。

全ての項目の入力・選択できたら、「さあ、始めましょう」をクリックしてください。

取引口座を選択する

TitanFXの取引口座の選択

次に、取引する口座の取引条件を選択していきます。

選択項目は以下の通りです。

取引口座の選択項目
  • プラットフォーム
  • 口座タイプ
  • レバレッジ
  • ベース通貨
  • サービスガイド・利用規約への同意

全ての項目を選択し終えたら、「次へ」をクリックしてください。

お客様情報の入力

次に、法人情報の入力をしていきます。

選択項目は以下の通りです。

項目説明
法人名半角アルファベットで入力
どちらで当社をお聞きになりましたか?該当する理由を記入
法人登録している国を選択
電話番号半角数字で入力
住所半角アルファベットで入力
市町村区半角アルファベットで入力
都道府県半角アルファベットで入力
郵便番号半角数字で入力

法人情報の入力の際には、登記簿謄本に記載されている住所や法人名を半角アルファベットで入力する点に注意しましょう。

すべての入力・選択が終了したら「取引口座を開設する」をクリックしてください。

メールアドレスの認証

口座開設フォームの入力完了後、登録した法人口座メールアドレスにTitanFXから確認メールが届きます。

届いたメールの内容を確認して「確認」の緑のボタンをクリックすると、メールアドレスの確認が完了します。

クライアントキャビネットへログインする

メールアドレスの確認が完了すると、「クライアントキャビネット」の緑のボタンが表示されます。

クリックするとログイン画面に切り替わりますので、登録のメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

口座開設の手順は以上になります。

法人確認手続きを行う

本人確認なしでも口座を開設することができますが、取引を開始するためにはTitanFXへログインした後に法人の確認手続きが必要になります。

画面右下にある「法人確認手続きを開始する」をクリックし、流れに沿って「会社法人番号」と「会社成立の年月日」などの必要情報を入力していきます。

必要書類のアップロードが完了し、TitanFXの承認が下りればトレードを開始することができます。

\ 低コストで取引したいなら使わないと損! /

公式サイト:https://titanfx.com/register

TitanFX(タイタンFX)の法人口座に関する注意点

TitanFXの個人口座と法人口座は全く異なる口座になるので、個人口座の要領で法人口座を開設すると危険です。

TitanFXの法人口座開設をする前に知っておくべき注意事項を3つ解説していきます。

  • 法人口座を開設しただけではトレードできない
  • 個人名義の入金方法は法人口座で利用できない
  • 途中で法人口座に切り替えられない

1つずつ順番に見ていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を開設しただけではトレードできない

TitanFXでは、法人口座を開設しただけではトレードはできません。

法人口座開設後に本陣確認手続きとして必要書類のアップロードや法人情報の入力が必要になります。

法人口座開設に必要な書類は準備するのに時間がかかる可能性もあるので、口座開設前に予め準備しておくことがおすすめです。

個人名義の入金方法は法人口座で利用できない

TitanFXでは個人名義の入金方法を法人口座では利用できないので注意が必要です。

つまり、bitwalletや銀行送金などの名義人は法人名義でなければ、法人口座の入金方法として利用できないということです。TitanFXの個人口座で利用している個人名義の入金方法も利用することができません。

これは、TitanFXの入金方法設定のルールとして、登録名と口座名義が同一でなければ利用できないというルールが存在するためです。

もし、法人口座の開設を検討している方で法人名義の入金先を保有していない場合は、法人名義のクレジットカードや口座を作成する必要があります。

なお、法人名義の金融サービスを利用できない場合は、新しくTitanFXの法人口座を開設し、入金方法として設定することも可能です。

途中で法人口座に切り替えられない

TitanFXで既に開設済みの個人名義の口座を、法人口座に切り替えることはできません。また、法人口座を後から個人口座に変更することもできません。

法人口座・個人口座間の変更は不可となっていますので、変更したい場合は新しい口座を開設する必要があります。

\ 低コストで取引したいなら使わないと損! /

公式サイト:https://titanfx.com/register

TitanFX(タイタンFX)の法人口座まとめ

ここまでで、TitanFXで法人口座を開設する方法を詳しくお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

事前に必要書類を準備すれば、無駄な時間をかけずに簡単にTitanFXの法人口座を開設することができます。

法人口座は損益繰り越しの延長や節税対策など様々なメリットがあります。TitanFXで安定して利益が出せるようになってきた方は、この記事を参考にして法人口座を開設してみてください。

\ 低コストで取引したいなら使わないと損! /

公式サイト:https://titanfx.com/register

目次