XMの評判を日本人トレーダーの口コミをもとに徹底解明!2022年最新

XMの評判を日本人トレーダーの口コミをもとに徹底解明!2022年最新

海外FX業者で取引をしたいと考えたら、まずはどんなポイントをチェックするでしょうか。口座のスペックやボーナスなど、魅力に感じるポイントは人それぞれです。しかし、それだけで決めてしまうのは大変危険です。海外FX業者には悪質な業者もおりトレーダーに不利益が生じる場合もあれば、実際に利用してみたらスペックが想像と違い「こんなはずでは」と後悔してしまう場合もあります。

そんな時、参考となるのが他のユーザーからの口コミです。リアルな口コミを見れば、トレーダー目線の率直な意見を知ることができるので、非常に参考になります。

国内トレーダーの利用者が多いXMは、評判が良いことで知られています。では、実際にXMを使っているトレーダーは、XMにどのような感想を持って、どのような評価をしているのでしょうか。XMの実態を知るために、国内外のトレーダーの口コミを紹介。口コミや評判から、XMのメリットやデメリットがみえてきました。

目次

【先に結論!】XM(XMTrading)の評判はスプレッド以外は良い◎

XMの口コミや評判は、酷評があまりありませんが、唯一あるとしたらスプレッドが広いという評価です。確かに、他の海外FX業者に比べるとスプレッドは比較的割高な印象を受けます。そのため、スキャルピングなどで売買取引回数が増えるトレーダーには、XMは使いづらく感じるでしょう。

一方で、XMにはスプレッド以外の魅力もたくさんあり、安全性の高さ、豪華なボーナスやポイントプログラム、取引環境の充実さなど、好評な口コミが目立ちます

スプレッド以外ならXMは特に不便なく利用できる海外FXであるといえます。レバレッジも最大1,000倍で取引ができるので、ハイレバレッジを狙った取引、デイトレードをメインにしていきたいトレーダーにとって非常に使いやすいでしょう。

XM(XMTrading)の安全性をチェック

海外FXの場合、運用実態が不透明な業者には注意しなくてはなりません。そのような業者は突然日本撤退や倒産などの危険性があります。また、海外FX業者の中には悪質業者もあり、利益の取り消しや出金拒否など、トレーダーの不利益になる行為も行ってくるのです。そのため、海外FX業者で取引していく際は、その業者の安全性を十分チェックしなければならないのです。

では、XMの安全性はどうでしょうか。

結論から言うと、XMは信頼性・安全性が高い業者であるといえます。その根拠となる3つのチェックポイントを詳しくみていきましょう。

XM(XMTrading)の金融ライセンスはセーシェル金融庁

海外FX業者の安全性を確認するためには、保有する金融ラインセンスに注目しましょう。XMは、「セーシェル金融庁(FSA)」で取得しています。このセーシェル金融庁のライセンスは、厳格な金融要請に応える義務、顧客資金と運営資金の分別保管が定められています。

また、XMはFSCから「モーリシャス(FSC)金融ライセンス」も付与されています。このFSCは、事業者の金融サービス事業活動が定められた法律(金融サービス法、証券法、保険法、民間年金制度法)に沿った活動をしており、規制・監視・監督している機関を言います。細かいガイドラインも定めており、定期的に監視・監督も行っていることから、かなり信頼度の高いライセンスの1つです。

この2つのライセンスを取得しているXMは安全性・信頼性ともに高い金融業者だと言えるでしょう。

分別管理を徹底している

海外FX業者を利用する上で、心配しなければならないのが自分の口座資金の安全性ではないでしょうか。もし、口座開設したFX業者が倒産してしまった時に、自分の資産が守られている体制が整っているかを確認することは非常に重要です。ここで注目したいのが「分別管理されているか」です。

「分別管理」とは、顧客の資産と会社の資産を明確に分けて管理することで、万が一FX業社が倒産したとしても、顧客の資産は守ることができるのです。

XMはこの「分別管理」を徹底しているFX業社です。優良金融機関で分別管理を徹底しており、分別金額に上限なく管理されているため、安全性は高いといえます。

日本の金融庁から警告を受けたことがある

安全性と信頼性の高いXMですが、日本の金融庁から警告を受けたことがあります。日本の国内FX業者は日本の規定に沿った運営をしていますが、海外FXは日本の規定に沿っておらず、また、日本語での公式サイトやサポートも行い、日本へのサービス訴求を行っています。その点で、日本の金融庁から警告を受けていると考えられます。

XMに限ったことではなく、日本でのサービスを展開している海外FX業社は「警告」対象となっていることが多いです。警告を受けてはいますが、行政処分や業務停止命令になることもないので、不安に思うこともないと考えましょう。

XM(XMTrading)の評判・口コミ

ここでは、XMの評判について国内外の反応をご紹介します。海外トレーダーと国内トレーダーは、XMに対しどのような評価をしているのでしょうか。

XM(XMTrading)の海外トレーダーにおける評判・評価は?

XMの海外トレーダーの評判や評価はどうなのでしょうか。海外での評価や評判を知るためには、海外FX業者の海外口コミサイト「FPA(Forex Peace Army)」を参考にすると良いでしょう。FPAでのXMの評価は5点満点で3.037点でした。レビュー数は約400件あり、多くの海外トレーダーが各評価を寄せています。FPAで多く見受けられた口コミは以下の通りです。

  • 公正で他の海外FX業者より使える信頼できるFXブローカー
  • XMプラットフォームは非常にユーザーフレンドリーで、取引に使いやすい。
  • 少額取引から取引ができたゼロストップレベルは称賛に値する
  • 機能的で使いやすい
  • 出金拒否された

FPAを見ると良い口コミから悪い口コミまで様々でした。なかには「出金拒否された」という口コミまで。これら「出金拒否された」という口コミに対しては、XMが原因を追求し、口コミを書いたトレーダーへ返信コメントを送っています。また、XMへの質問を書いているトレーダーもおり、それに対してもXMは丁寧に返信をしています。FPAをみてもXMの対応の良さが垣間見えました。

XM(XMTrading)の日本人トレーダーにおける評判は?

日本人トレーダーは、XMをどのように評価しているのでしょうか。

全体的に見ると、取引環境の良さや安全性に関する良い評価が多いように感じます。また、悪い評価の中には、スプレッドの広さ、マイナススワップに関することが多いです。実際にいくつかトレーダーの評価をみていきましょう。

スプレッド広いからスキャルピング取引は難しい。 だからといってゼロ口座を使おうと思ったが、結局取引手数料とかかかるのであまり意味がないように思う。取引コストかかる分、安全性があると考えるべきだろうなと思う。
指標トレードでpipsが抜けるなら、スプレッド広くても約定力が安定しているXMで取引はあり。
FX初心者でMT5でデモトレードをしています。普段から使っているタブレットを使っていますが、かなり使いやすいと思います。直感的に操作ができからやりやすいです。
XMで銀行送金処理、5分で完了。早すぎてビックリしました。
XMのウェビナーが凄く良かったです。 FX初心者にもすごい役立つと思います。目の錯覚でチャートを読み間違えてることが良く理解できました。
XMのVPSに変えたら今のところ全く途切れることがない。 エントリーも通りやすいので、自動売買やシステムトレードに興味のある人にはおすすめ。
XMのサポートが真摯に対応してくれた。チャットで問い合わせしやすいし、MT5の使い方をしっかり教えてくれる。対応品質の良さを感じた。
XMの入金ボーナス100%がリセットされている! 一定期間でリセットされ、また入金ボーナスがもらえるので助かります。
XMの出金手数料が2500円でした。ちょっと高い! 送金時間は早いのに、手数料が高くてあまり良い印象にならなかったです。

国内トレーダーの口コミの一部ですが、取引環境の使いやすさだけでなく、ボーナスや初心者向けのセミナーなどに関しても評価している口コミが多く見受けられました。スプレッドやスワップポイントに関して低評価しているトレーダーも多いものの、「出金拒否された」などの口コミはほどんどありませんでした。

海外トレーダーだけでなく、国内トレーダーにもXMが全体的に高く評価されていることが、口コミを通じわかりました。

XM(XMTrading)の評判から分かったデメリット5選

口コミを元に、XMのデメリットについてまとめてご紹介します。口コミや評判をみてみると、酷評自体は少ないものの、以下のようなデメリットがあることが見えてきました。詳しくみていきましょう。

XM(XMTrading)のスプレッドは広い

口コミで最も多かったのが「スプレッドが広い」という評判です。実際にXMのスプレッドをみていきましょう。

スタンダード口座Zero口座
USD/JPY1.6〜1.8pips0.0〜0.3pips
EUR/JPY2.1〜2.5pips0.3〜0.6pips
CAD/JPY3.0〜3.3pips1.3〜1.4pips
AUD/JPY3.0〜3.4pips0.9〜1.2pips      
EUR/USD1.7〜1.9pips0.0〜0.4pips

上記でもわかるように、米ドル円の通貨ペアのスプレッドがおおよそ1.2〜1.4pipsであるFX業社が多いなかで、XMは​​1.6〜1.8pipsと割高になっています。デイトレードなど取引回数を制限しながら取引を行えば、そこまで負担になることはありませんが、短時間で売買を繰り返すスキャルピングなどの取引を行う場合には、かなりコストがかかってしまうので、スキャルピングには不向きと言えるでしょう。

スキャルピングでトレードをしたいならXMのゼロ口座なども検討すると良いでしょう。スタンダード口座に比べると、スプレッドも狭く取引手数料と合わせてもコストを抑えられるので、スキャルピングなどにはおすすめです。

マイナススワップがほぼすべての通貨ペアで発生する

XMでは、スワップポイントがほぼ全ての通貨ペアでマイナススワップである点が、多くのトレーダーからデメリットとしてあげられています。スワップポイントは、2カ国間の金利差で発生する利益のことをいいます。長期トレードをしていくトレーダーはスワップポイントが高さに注目する人も多いです。

そんなスワップポイントが、XMではほとんどマイナスです。一部ではスワップポイントがマイナスでないペアもありますが、XMでスワップポイントを期待した取引をしないほうが良いでしょう。

また、XMに限ったことではありませんが、海外FX業者は国内FX業者に比べ、マイナススワップが多いので、ポジションは長く保有しない方が無難です。

出金の手数料が高い

XMでは、出金手数料が高いという口コミも多くみられます。XMでは以下の出金方法で利益を出金することが可能です。

  • 国内銀行出金
  • クレジットカード/デビットカード(VISA)
  • bitwallet
  • STICPAY
  • BXONE​​

クレジットカード・オンラインウォレットで出金した場合、手数料無料で出金することが可能ですが、出勤できるのは「入金した金額」までです。利益として出金できる方法は「国内銀行出金」のみとなっています。

国内送金の場合、XMにかかる手数料は無料ですが、中継銀行の送金手数料が約2,500円かかってしまいます。手数料が高いので頻繁に出金ができないこと、出金方法も限られているため、出金の不便さを感じているトレーダーも多いようです。

両建てトレードは禁止事項に触れると口座凍結してしまう

XMでは、両建てトレードに関して厳しい制限が設けられています。両建てに関して以下の禁止事項に触れてしまうと口座凍結となってしまうので、注意が必要です。

  • XMの複数口座間での両建て
  • 複数のユーザー同士での両建て
  • XMと他社口座間での両建て
  • 取引アービトラージ(裁定取引)を狙った両建て取引

上記でもわかるように、XMで両建てトレードが禁止されていないのは「同一口座内のみ両建てトレード」に限られています。そのため、両建てやアービトラージ取引に興味があるトレーダーにとってはXMはデメリットとなってしまうようです。

仮想通貨FXができない

スタンダード口座・マイクロ口座では仮想通貨31銘柄の取引が可能ですが、ゼロ口座では仮想通貨の取引をすることができません。仮想通貨の取引をしたい人は、スタンダード口座もしくはマクロ口座を開設するようにしましょう。

XM(XMTrading)の評判から分かったメリット13選

XMの口コミや評判から、以下のようなメリットがあることがわかりました。トレーダーから好評を得ているXMのメリットについて詳しくみていきましょう。

日本語サポートが高品質

XMの口コミで良い評判だったのが、日本語サポートの品質の高さです。海外FXを使うか使わないかで迷うポイントとしては言語の壁も少なからずあるのではないでしょうか。何かトラブルがあったときに、日本語で連絡ができないと何かと不便もあるかと思います。

また、日本語対応をしている海外FX業者でも、日本人スタッフが在籍しておらず、翻訳機を使ったカタコトの日本語であるケースもあります。その場合、日本語であっても良く理解できず、意思疎通がかなり難しくなります。

XMでは、日本人スタッフ15人体制でサポートを行っています。サポートはメールとチャットのみですが、日本語での問い合わせに迅速に答えてくれ、対応も丁寧であるため、多くのトレーダーから高く評価されています。

XMは約定力が高いと評判が良い

XMの口コミで高く評価されているのが、約定力の高さです。

約定力とは、売り注文・買い注文した価格で取引を成立させる力のことをいいます。約定力がないと、注文の成立まで時間がかかり、希望の値段で取引をすることができません。XMのようにハイレバレッジ取引をできる環境であれば、少しの値動きでも大きな利益・損害に繋がります。そのため、約定力は無視できないポイントとなっているのです。

この約定力はFX会社のシステム処理能力に左右されます。XMはこの約定力が強く、実際に利用しているトレーダーからも評価が高いので、安心して利用できます。

ただし、約定力が高くても相場の流動性が低い時間帯、取引が少ない通貨に関しては、スリッページが起きやすくなっているため、その点だけ注意しながら取引をするようにしましょう。

ストップレベル0なので快適にトレードできる

XMは、ストップレベルが0で、快適なトレードができると高い評価も多く見受けられました。そもそもストップレベルとは、指値注文や逆指値注文などの待機注文をするときに、現在のレートから離れなければならない数値を言います。例えば、ストップレベルが5pipsと設定されていたら、現在のレート120.00円から5pips離れた120.05円以上もしくは119.95円以下でないと待機注文が出せないという仕組みです。

しかし、XMはこのストップレベルが0に設定されています。指値注文や逆指値注文など制限なく注文できるので、取引の幅が広がるだけでなく、快適に取引ができるのです。

運営会社の安全性や信頼性が高い

XMは安全性や信頼性が高い海外FXとして国内トレーダーからも支持を得ています。XMは「セーシェル金融庁(FSA)」と「モーリシャス(FSC)」の信頼性の高い金融ライセンスを複数取得している他、海外の大手優良銀行との分別管理を徹底されています。トレーダーの資産を守る体制がしっかり整っており、信頼性の高い運用を行っているので、安全に取引できると言えるでしょう。

最大レバレッジ1000倍でトレード可能

XMは最大レバレッジ1000倍でトレードすることができ、少額資産でも効率よく利益を出せると口コミでも評判です。レバレッジは、「てこの原理」の意味で少ない資産を大きく動かすことができる仕組みを言います。例えば、為替レートが1ドル110円としたとき、レバレッジ100倍で取引するとしましょう。通常なら10,000ドルの取引をするためには110万円の資金が必要ですが、レバレッジを活用すれば、必要資金は100分の1、つまり「11,000円」に抑えることができる仕組みです。

このレバレッジは、FX会社により異なります。国内FX会社は最大25倍に制限されていますが、海外FX会社は制限がありません。100倍〜800倍などのレバレッジが設定されているなか、最大レバレッジ1000倍は大きいのではないでしょうか。効率よく利益も生み出せるので、少額でチャンスを掴みたいトレーダーにも大きなメリットであるといえます。

最低入金額が500円なので気軽にトレードできる

XMは最低入金額が500円とかなり低く設定されているため、気軽にトレードできると、初心者トレーダーを中心に好評です。FX会社には、どこも最低入金額が設定されており、設定された金額以上出ないと入金ができず、取引をはじめることができません。FX会社の口座によっても異なりますが、XMのように100円単位に設定されているところは少ないです。

入金額が少なければ、少額から練習感覚で取引することができます。FX初心者は、初めから高額取引に抵抗がある人も多いのではないでしょうか。その点、XMでは少額から取引をスタートできるので、初心者でも無理なく取引できるといえます。

詐欺や出金拒否の噂がほぼない

XMは、詐欺や出金拒否の噂や口コミがほとんどありません。海外FX業者には、詐欺などを行う業者も存在し、出金拒否などトレーダーにとって不利益となる事態に陥ることもあります。XMの安全性や信頼性の高さは、先ほどもご紹介しましたが、それを裏付けるように、トレーダーが不利益になるような噂など、ほぼないと言えるでしょう。

日本人トレーダーにXMが支持される理由の1つが安全性と信頼性の高さです。XMでなら、安心して取引をできると考えて良いでしょう。

出金時間が早い

XMの良い口コミで多いのが、「出金がスムーズだった」という評価です。そもそもXMは「出金拒否された」という口コミがほとんど見受けられず、問題なくスムーズに出金できる点は、さらに信頼性を集めている1つの要因となっています。

出金がスムーズであることに加え、XMでは入出金のスピードの速さが、トレーダーから評価されているポイントでもあります。XMの出金方法と反映時間をまとめました。

出金方法処理完了までの時間着金までの時間
国内銀行出金24時間以内1~2営業日程
クレジットカード
デビットカード
24時間以内カードの締め日による
bitwallet24時間以内即時
STICPAY24時間以内即時
BXONE​​24時間以内即時

XMは、出金方法問わず処理環境時間が24時間以内と迅速で、オンラインウォレットに関していえば、即時出金が反映されます。国内銀行出金も1〜2営業日という早さで出金可能なので、すぐに利益を受け取りやすいです。この対応の早さがXMの魅力の1つであると言えるのではないでしょうか。

取引環境が直感的に使いやすいと定評がある

XMでは取引環境が充実しており、普段使っているプラットフォームから取引ツールを利用できるので、直感的で使いやすいと定評があります。FX会社では珍しくMacに対応したMT4とMT5が提供されています。XMで利用できるプラットフォームは以下の通りです。

windowsPC対応MT4
PC対応MT5
MacMac対応MT4
Mac対応MT5
WebMT4WebTrader
MT5WebTrader
スマートフォンiPhone対応MT4
iPhone対応MT5
Android対応MT4
Android対応MT5
タブレットiPad対応MT4
iPad対応MT5
Android対応MT4
Android対応MT5

上記を見てもわかるようにほぼ全てのプラットフォームに対応しています。自分の普段使っているプラットフォームからFX取引できるので、使いやすくチャンスも逃しにくいです。

CFD銘柄を少額からトレード可能

XMは、豊富なCFD銘柄を少額からトレードできる環境があり、その点もトレーダーから好評を得ています。XMで取引できる銘柄を一覧でまとめました。

取引銘柄銘柄数
取引銘柄銘柄数
貴金属CFD(ゴールド、シルバーなど)​​4銘柄
株価指数CFD(日経平均、ダウ平均など)24銘柄
エネルギーCFD(原油、天然ガスなど)5銘柄
コモディティCFD(砂糖、大豆など)8銘柄
仮想通貨CFD(ビットコイン、イーサリアムなど)31銘柄

海外FXを利用すると様々なCFDで取引できる環境がありますが、XMはその銘柄数の豊富さでトレーダーから人気があることが伺えます。また、銘柄により異なりますがハイレバレッジをかけて取引ができるので、短期間で大きい利益を生み出すことも可能です。

VPSが無料なので自動売買(EA)取引にも有利

XMでは、一定条件をクリアするとハイスペックなVPSを無料で利用することができます。

VPSとは、自動売買取引をする上で欠かせないものです。通常、自動売買システムを正常に動かすためには、常にPCを起動させておかなければなりません。そうなると、PCを24時間体制で起動しておかなければならず、PCに負担がかかるだけでなくPCトラブルが起きた場合には、自動売買もコントロールできず、損失を出してしまう恐れもあります。

それを解消してくれるのがVPS(仮想専用サーバー)です。VPSを利用すれば、24時間体制でPCを起動させなくても自動売買を24時間体制で行うことができるようになります。VPSは通常1,000円〜3,000円前後かかりますが、XMではハイスペックVPSを無料で利用できます。VPSを無料で利用できる条件は以下の通りです。

  • 5,000ドル(約50万円)の口座残高
  • 1ヶ月に往復5lot以上の取引

口座残高さえあれば、難しい条件ではない点もトレーダーから評価を得ているポイントでもあります。自動売買を検討している人は、VPSの利用がおすすめです。

XM(XMTrading)「ウェビナー」の評判は非常に良い

XMでは、FXを学べるオンラインセミナー(ウェビナー)を開催しています。FXは初めての初心者から中級者まで、レベルにあったセミナーに無料で参加できます。

ウェビナーは生配信で開催されるので、講師に直接質問もでき、テクニカル分析について深く学べ、初心者でも短期間で利益を生み出せる知識を身につけることができます。もちろん、講師も日本人なので安心です。

海外FX業者でトレーダー向けのセミナーを開催しているのは珍しく、内容も濃いためトレーダーからもかなり評判が良いです。セミナーの内容は月毎で変わるので、常に新しい情報をキャッチアップしていくこともできます。FXを初めてはじめる初心者トレーダーはぜひ注目したいサービスではないでしょうか。

豊富なボーナスを活用してお得にトレードを始められる

XMでは、豪華なボーナスキャンペーンを実施しており、口座開設・入金・取引をすることで様々なボーナスを受け取ることができます。XMで受け取れるボーナスをまとめました。

ボーナス名内容
新規口座開設ボーナス新規口座開設することで3000円〜5000円のボーナスを受け取ることができます。ボーナスはそのまま取引に利用可能です。
2段階の入金ボーナス$500までの入金に対し入金額と同額の100%ボーナス、$500以上の入金に対し、入金額の20%のボーナスが受け取れます。ボーナスは初回だけでなく2回目以降の入金も対象で、$5,000ドル相当に達するまで受け取ることが可能です。
XMポイントプログラム取引するごとに、​​​​ボーナスに交換できるXMP(XMポイント)を受け取り、貯めることができます。レードを行った日数に応じてロイヤルティステータスがランクアップします。

口座開設ボーナス・入金ボーナスで受け取れたボーナスは、トレード資金として使うことができ、特に口座開設ボーナスでもらえる3000円〜5000円のボーナスは、資金を入金しなくても使えるので、いきなり自己資金をかけずにFX取引に挑むことができます。

また、取引をするごとに受け取れるポイントプログラムは、ポイントが溜まればボーナスや現金に変換することができるので、取引すればするほどお得になります。スプレッドが広くてもXMで取引をするトレーダーが多い背景には、このポイントプログラムの存在があります。

長くトレードをしていけばロイヤリティステータスもアップグレードされ、1lotごとに付与されるポイントもどんどん増えていく仕組みなので、長くXMで取引すればするほど、ポイントも高くなります。このように、XMのボーナスはかなり豪華なので、ボーナス目的で口座開設をするトレーダーもいるほど、評価も高いです。

XM(XMTrading)の評判についてよくある質問

XMの評判についてのよくある質問についてまとめました。XMを検討する際の参考にしてみてください。

XM(XMTrading)のFXにおける評判は良いですか?

XMは、国内外のトレーダーから評判の良いFX会社です。口コミや評判からみてもわかるように、以下のような点がトレーダーから高い評価を得ています。

  • 日本語サポートが高品質
  • XMは約定力が高いと評判が良い
  • ストップレベル0なので快適にトレードできる
  • 運営会社の安全性や信頼性が高い
  • 最大レバレッジ1000倍でトレード可能
  • 最低入金額が500円なので気軽にトレードできる
  • 詐欺や出金拒否の噂がほぼない
  • 出金時間が早い
  • 取引環境が直感的に使いやすいと定評がある
  • CFD銘柄を少額からトレード可能
  • VPSが無料なので自動売買(EA)取引にも有利
  • XM「ウェビナー」の評判は非常に良い
  • 豊富なボーナスを活用してお得にトレードを始められる  

初心者から上級者まで幅広いトレーダーに向いており、スキャルピングや自動売買にも良い環境が整っています。

XM(XMTrading)のデモ口座を利用できる期間はいつですか?

XMのデモ口座には有効期限があり、「最終ログイン日から90日間」となっています。最終ログイン日から90日間、一度もログインされなければデモ口座は利用できなくなり、復活もさせることもできません。デモ口座を継続的に利用したいのであれば、こまめにログインをしておくと良いでしょう。

XM(XMTrading)に悪評があれば教えてください。

XMは総合的に見ると評価が高いFX業者で、酷評自体は少ないものの、他社に比べると劣っている部分もあるようです。口コミや評判から以下のような悪評が見えてきました。

  • スプレッドは広い
  • ほぼ全ての通貨ペアのスワップポイントがマイナス
  • 出金の手数料が高い
  • 両建てトレードは禁止事項に触れると口座凍結してしまう
  • ゼロ口座では仮想通貨が取引できない

スプレッドは、多くのトレーダーから評判はあまり良くないです。それ以外では評価は高いので、「スキャルピングをメインにしているトレーダー」「コストをとにかく抑えたいトレーダー」以外にはおすすめできるFX業者であると言えるでしょう。

XM(XMTrading)は怪しいと聞きましたが、本当ですか?

XMは、「セーシェル金融庁(FSA)」と「モーリシャス(FSC)」の金融ライセンスを取得しており、顧客資金も欧州の優良銀行で徹底した分別管理を行っているので安全性が高く、信頼性もある海外FX業者です。また、XMグループは世界196か国以上に展開されており、各グループで厳格なライセンスも次々に取得して営業しています。

このように健全な運営を行っているので、安心して取引できると言えるでしょう。

XM(XMTrading)は主婦や学生でもトレードを始められますか?

XMは、18歳以上なら学生や主婦でも口座開設することが可能です。未成年でも18歳以上であれば、親の同意がなく口座開設が可能です。

学歴や所得総額なども審査に影響しないので、稼ぎのない学生や主婦でもFX取引にチャレンジすることが可能です。ただし、学生や主婦でもFX取引で一定金額利益を出したら、確定申告をしなければならないので、その点だけ注意するようにしましょう。

XM(XMTrading)の評判まとめ

XMの口コミや評判についてまとめました。XMは日本人トレーダーにも人気のある海外FX業者です。スプレッド以外は評判が良く、初心者から上級者まで使いやすいことが口コミからでもわかりました。唯一、スプレッドは他社に比べ割高なので、取引回数が多くなるスキャルピング取引をしていきたいトレーダーには向いていないと言えるでしょう。しかし、XMのポイントプログラムなどを利用すれば、スプレッドの広さも負担になることはありません。

XMのメリットやデメリットを知るためには、国内外のトレーダーの口コミが大変役立ちます。同じトレーダー目線の感想なので、参考になることが多く、安全性の高さや出金時間の早さなど、実際に使用しなければわからないことも、口コミや評判を見てその実態を知ることができます。XMはその評判通り、トレーダーからの評価が高く使いやすいFX業者であると言えるでしょう。

成果中のトレーダーから評価の高いXMでの口座開設を検討してみましょう。

この海外FX記事の執筆者

編集長アグリは、IPC(International Food & Agricultural & Overseas FX Trade Policy Council)の国際専門機関のメンバーであり、さらに海外FXトレードも行っている「農業と海外FXのスペシャリスト」です。

当サイトでは、取得している「2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)」の知識を活かして記事を執筆しており、FXトレード知識が豊富な複数の監修者が記事の品質をチェックするという二重体制で運営しています。→ 当サイトの編集部プロフィールはこちら

目次