XMで両建ては禁止?ルール&やり方&解除方法を分かりやすく解説!

XMは両建て禁止?

XMは、日本人トレーダーから圧倒的な人気を誇る海外FX業者です。

XMでは両建てに関するルールが設けられており、違反してしまうと口座凍結などのペナルティの対象となる恐れがあります。しかし、規則を守れば、XMでの両建てのメリットを活用してトレードすることができます。

この記事では、XMでの両建てに関する情報を分かりやすく解説していきます。両建てに関する規定をしっかりと理解して、1つの取引手法として活用していきましょう。

【2024年2月限定】XMのボーナスキャンペーン

  1. 口座開設ボーナスキャンペーン13,000円

    新規口座開設&本人確認をすませることで、13,000円の口座開設ボーナスがもらえます。
  2. 100%+100%+20%入金ボーナスキャンペーン
    【対象口座】スタンダード口座、マイクロ口座

    入金額の100%にあたるボーナスを最大1,000ドル(約15万円相当)まで受け取れます!なお、それ以降の入金に対しては、20%分の入金ボーナスが反映されます。

    つまり、15万円を入金すると15万円がそのままもらえるので、トレード資金を入金額の2倍にあたる合計30万円にすることができるのです!

    なお、期間中であれば、約7万5000円を入金して初回入金100%ボーナス7万5000円分を受け取った後に、再び約7万5000円を入金して追加入金100%ボーナス7万5000円を受け取ることも可能です。

    入金ボーナスをたくさん受け取ってお得に取引したい方は、今のうちに口座開設&入金することをおすすめします!

  3. ロイヤルティプログラム

    取引するたびにポイントがもらえるXM独自のキャンペーンも実施しています。貯まったポイントは、トレードにそのまま使ったり、現金に換金したりできるため、日本人トレーダーからも大人気です!他社にはないオリジナルのボーナスなので、取引すればするほどお得になります。

上記のようなお得なキャンペーンを開催しているのは今だけです!まずは、XMで最も人気がある「スタンダード口座」を開設して、13,000円の口座開設ボーナスでトレードしてみてください!

\ 今なら13,000円が絶対にもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

目次

両建て(アービトラージ)とは

両建て(アービトラージ)とは

両建てとは、同じ商品の「売り建て」と「買い建て」の両方を同時に保有することです。

この時、売りと買いは相殺されるので「意味がないのでは?」と思われがちですが、リスクを抑えつつ利益を狙える取引手法となっています。

実際に、両建ては悪用するとリスク0で大きな利益が狙えてしまうので、不正な両建てをするトレーダーを厳しく取り締まっている海外FX業者も多いです。

業者によっては、両建てが見つかると口座凍結などのペナルティの対象になるといるところもあり、XMの利用を考えている方の中には「両建ては違反?」「両建てした業者に気づかれる?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

さらに、両建てはうまく利益を出すのが難しいため、中・上級者向けのテクニックになります。トレードを始めたばかりの方はイメージがつきにくいかと思いますが、ぜひこの機会にルールをしっかり確認しておきましょう。

XM(XMTrading)の両建てルール

XM(XMTrading)の両建てルール

海外FX業者の中には、全ての両建てを禁止しているところもあります。

なぜならば、両建ては悪用されると損せずに大きな利益が得られる「FXの攻略法」になってしまうからです。

ただし、XMでは許可されている両建て手法があります。両建てに関するXMのスタンスや、安全に両建てを行う条件について詳しくお伝えしていきます。

XM(XMTrading)で許可されている両建て

XMで安全に両建てを行うためには、以下の2点に該当することが必須です。

  • 同一口座内での両建て
  • 同一商品の両建て

例えば、スタンダード口座を開設し、1つの口座内で「ユーロ/ドルの買い注文」と「ユーロ/ドルの売り注文」の両方を行ったとします。

この場合、同一口座・同一商品の条件を満たしているので、XMの規定内で両建てができています。ちなみに、ロット数は異なっていても問題ありません。

両建てに関するXM(XMTrading)のスタンス

XMの公式サイトを見ると、両建てについては下記の通りに記載されています。

XMでは、同一口座内に限り「両建て取引」が可能です。両建て取引を上手く活用することで、価格急変時のリスクヘッジになるだけでなく、証拠金不足による強制決済を防いだり、利益を最大限に伸ばしたりと、様々なメリットを得ることができます。但し、規約に反した両建て取引を行った場合、利益取消や口座凍結などの重いペナルティが発生する可能性がございますので、両建て取引に関する基本的な規則と禁止事項をご確認ください。

XM公式サイト

このように、ルールを守って両建てを行えば何も問題ありません。

ただし、詳しくは後述しますが、不正な両建ては利用規約違反と見なされます。最悪の場合、出金拒否や口座凍結の対象になる可能性もあるので絶対にやめましょう。

\ 今なら13,000円が絶対にもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)で両建てするメリット

XM(XMTrading)で両建てするメリット

正しい方法で両建てを行えば、多くのメリットがありますのでぜひ活用して下さい。以下の5つのメリットを紹介していきます。

  1. 必要証拠金がかからない
  2. 強制ロスカットを防ぐ
  3. 相場のトレンドを見極める時間ができる
  4. XMPが貯まる
  5. トレンドに合わせた取引手法を同時に行える

1つずつ詳しく見ていきましょう。

証拠金が不要

XMでは、FX通貨ペア・金・銀に関しては、同一口座内で同じロット数の両建てを行うと証拠金がかかりません。業者によっては証拠金がポジションごとに必要になるとこりますりますので、大きなメリットと言えるでしょう。

必要証拠金

トレードするのに必要な1通貨あたりの証拠金のこと。

証拠金に余裕が生まれるため、不利な状況でも証拠金を維持しながら次の一手を試行錯誤することが可能です。ただし、証拠金がかからないのはロット数が同じ場合のみですので、注意してください。

強制ロスカットを防ぐ

XMで両建てを行うと、強制ロスカットを回避して有利なタイミングで損切りすることが可能になります。通常、XMではロスカット水準が20%に設定されているため、含み損が増加し証拠金の20%を切ると強制的に決済されてしまいます。

しかし、両建ては売り買いが相殺されるので損益が固定されており、さらにXMで両建てを行った場合の証拠金はかからないため、不利な状況でもポジションを維持できます。

特に、ハイレバレッジでのトレードをする方には一時的にロスカットを防ぐ手段として効果的です。

例えば、証拠金維持率が20%付近になったタイミングで同取引数の逆ポジションにエントリーします。すると、証拠金は0になり損益が変化しないため、これ以上レートが下がっても強制決済を回避することができるのです。

相場のトレンドを見極める時間ができる

同取引数での両建ては、ポジションを保有しながら今後の相場のトレンドの様子見をすることができます。相場変動によってレートが上下しても、同取引数の両建てでは損益が同じ額変化するだけですので損失額は変化しません。

この間に、相場状況を見ながらタイミングを見計らって利益確定することができるのです。具体的には、下記のように相場のトレンドを見極めます。

両建ての活用法
  • 現在の相場のトレンドが継続しそう→利益が出ているポジションのみ保有
  • 現在の相場のトレンドが終了しそう→両方のポジションを決済し、再度エントリー

こうすることで、強制ロスカットを回避しながら少しでも多くの利益を狙うことが可能になります。両建てによって損益を固定した状態で、冷静に今後の取引戦略を立てることができるのです。

「相場がどちらに動くか分からない」という場合は、両建てから入って相場の動きを待つことも1つの取引手段です。

「どちらかは分からないが大きく動く」と予想している時には、両建てから入って伸びてきたポジションの反対ポジションを決済すれば、大きな利益を上げることができます。

また、相場が乱高下するタイミングであれば、両方のポジションで利益を上げることも可能です。

XMPが貯まる

XMPとは、リアル口座を保有する方全員が参加できる「XMロイヤルティプログラム」で貯められるポイントのことです。

このポイントをボーナスに交換することも可能で、お得にトレードをしたい方にとっては非常に魅力的なポイント制度になっています。

XMPは取引日数や取引量に応じて受け取れる仕組みになっていますが、スタンダード口座とマイクロ口座を利用して両建てをした場合は、売り・買い両方の取引分のXMPを受け取ることができるのです。

ただし、故意に両建てを繰り返してXMPを稼ぐ行為は、規約違反となりますのでご注意ください。

トレンドに合わせた取引手法を同時に行える

XMでは、相場の方向性に合わせて長期トレードをしながら短期トレードを行うなど、保有期間の異なる手法の取引を同時進行することが可能です。

両建てのほかにもスイングトレードやデイトレード、スキャルピングなど、異なる取引手法を相場の状況によって組み合わせて利益を狙うことができます。

\ 今なら13,000円が絶対にもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)で両建てするデメリット

XM(XMTrading)で両建てするデメリット

両建てで考えられるデメリットは以下の2つです。

  1. 取引コストがかかる
  2. マイナススワップが発生する

順番に解説していきます。

取引コストがかかる

両建てでは、スプレッドや取引手数料が2倍となるので取引コストがかかるというデメリットがあります。特に、市場相場の変動が小さい場合には、手数料の分損してしまうこともあります。

具体的には、日足で見てローソク足が十字線で終わる日の両建てはほとんどの場合手数料負けしてしまいます。

両建てでは基本的に損益が変化しないため、取引における利益は小さく、最終的に手数料負けしやすい環境になってしまうのです。

マイナススワップが発生する

XMに限らず、ほとんどの業者で主要通貨ペアのスワップポイントは売り・買いともにマイナスに設定されています。

さらに、スワップポイントは売り・買いで同じ水準ではないため、両建ての場合はマイナススワップが大きくなる可能性が高いです。

スワップポイントとは

法定通貨の政策金利差のこと。具体的には、高金利の通貨を保有したまま日付が変わると金利差を受け取ることができ、低金利の通貨を保有したまま日付が変わると金利を払う。

両建ての場合、マイナススワップはダブルコストとなってしまう可能性が高いため、明確な目的がない限り日をまたぐスイングトレードは控えた方がいいでしょう。

XM(XMTrading)の両建ての注文手順

XM(XMTrading)の両建ての注文手順

XMで両建てを行う際は、売り・買いを全く同時に注文することはできませんので注意が必要です。

基本的には、どちらか一方を先に注文し、後からもう一方の注文を行うという順序になります。そのため、完全に同じ金額で売りと買いの注文をすることはできず、わずかではありますが金額に差が生じます。

ここからは、初めての方でもわかりやすいように画像付きで詳しくお伝えしていきます。

使用するデバイスによって多少違いがありますので、利用するデバイスに合った手順をしっかり確認してください。

PC版

まず、PCから両建てをする方法をお伝えしていきます。今回使用する写真はWindows版・MT4のものです。

チャートを表示

画面左側にある「気配置表示」から、希望の銘柄にカーソルを合わして右クリックします。表示される項目から「チャート表示」を選びます。

エントリー

画面上部の「新規注文」をクリックします。写真のようなオーダー発注画面が出てくるので、「成行買い」または「成行売り」を選択して注文します。

逆ポジションをエントリー

STEP2と同じ手順で逆のポジションも注文します。

注文を確認

画面下部の「ターミナル」から「取引」と進みます。注文した銘柄が表示されていることを確認できれば、両建ての注文は完了です。

スマートフォン版

スマートフォン版続いては、スマートフォンから両建てをするための注文手順をお伝えしていきます。今回は、iPhone13でMT4アプリを利用した際のものです。

エントリー画面の表示

画面右上の「トレード」をタップします。

エントリー

写真のような画面が表示されたら、「成行買い」または「成行売り」を選んで注文します。

逆ポジションをエントリー

同じ手順で逆のポジションも注文します。

注文を確認

画面一番下の「トレード」から、注文した銘柄が表示されていることを確認してください。

\ 今なら13,000円が絶対にもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)の両建ての解除方法

XM(XMTrading)の両建ての解除方法

両建ての解除は両方同じタイミングで行うことができます。下記でPC・スマートフォンそれぞれのやり方を順番に説明していきます。

【PC版】両建ての解除方法

まず、PCから解除する手順をお伝えしていきます。利用するプラットフォームによって多少異なりますので、MT4・MT5それぞれ順番に説明していきます。

MT4

MT4のターミナルを開く

画面上部のメインメニューの「表示」から「ターミナル」を選んで、ターミナルを開きます。

オーダーの発注画面が表示

解除する銘柄にカーソルを合わして右クリックします。項目の上から3番目にある「注文変更または取り消し」を選択します。

「両建て解除」を選ぶ

オーダーの発注画面の右側にある「注文種別」をクリックしてプルダウンを開き、「両建て解除:通貨ペアを指定」または「両建て解除:対象玉を指定|を選択します。

「両建て解除:通貨ペアを指定」は全てのポジションを同時決済し、「両建て解除:対象玉を指定」は指定のポジションのみを決済しますので、希望に合わせて両建ての解除方法を選んでください。

「複数決済」を選ぶ

決済したい通貨ペアを再度確認して、「複数決済」の黄色いボタンをクリックします。

MT5

ツールボックスを開く

メインメニューの「表示」から、「ツールボックス」を選びます。

「注文変更または取消」を選ぶ

解除する銘柄にカーソルを動かし、右クリックします。表示される項目から「注文変更または取り消し」を選びます。

「閉じる」を選ぶ

「タイプ」のプルダウンを表示させ、「閉じる」を選びます。以上で解除完了です。

【スマートフォン版】両建ての解除方法

続いて、XMのスマートフォンアプリから解除する手順をお伝えしていきます。利用するプラットフォームによって多少異なりますので、MT4・MT5それぞれ順番に説明していきます。

MT4

ポジションを長押しする

画面下部のメインメニューからトレード画面を開き、決済したいポジションを長押しします。

「両建て解除」を選ぶ

決済したい通貨ペアを長押しすると、写真のように項目が表示されるので「両建て解除」を選びましょう。

「両建て解除」ボタンをタップ

「両建て解除」を選ぶと、写真のような画面に切り替わります。内容が間違っていないか確認して、「両建て解除」ボタンを押せば、解除が完了します。

MT5

ポジションを長押しする

画面下部のメインメニューからトレード画面を開き、決済したい両建てポジションを長押しします。

「閉じる」を選ぶ

画面下部に項目が表示されるので、「閉じる」を選びます。この操作だけで、解除が完了します。

\ 今なら13,000円が絶対にもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)の規約違反に該当する両建て

XM(XMTrading)の規約違反に該当する両建て

XMでは「同一口座内での両建て」を認めていますが、「複数口座からの両建て」は規約違反になると公表しています。

そのような取引をしていることがXM側にばれてしまうと、出金拒否や凍結などのペナルティを課せられる可能性があります。

ここからは、複数口座での両建てが禁止されている理由や具体的に禁止されている取引について詳しく解説していきます。禁止されている取引をしたらどうなるのかについてもお伝えしますので、しっかり確認してください。

両建てを禁止している理由

このような規則がある背景として、ゼロカットシステムを悪用してリスクなく大きな利益を狙えるということがあります。ゼロカットシステムとは、資金残高以上の損失が出たときにそのマイナス分を業者側が負担するという仕組みです。

例えば、同じ商品に対してA口座では売り注文をし、B口座では買い注文をしたとします。

この時、相場変動がどれほどあったとしても、負けたポジションの損失額は入金額までで済み、もう一方の逆ポジションは絶対に利益が出ているため、トータルで見るとリスク0で利益が出せる取引の仕組みができているのです。

さらに、海外FXはハイレバレッジでの取引が可能なので、リスクを負わずに利益を大きく伸ばすことができてしまうのです。

この取引を許可してしまうとFX業者側にとっての損失が大きすぎるため、XMでは複数口座での両建てを禁止しています。

規約違反となるケース

それでは具体的に、禁止事項に触れる両建てについて見ていきましょう。

複数口座での両建て

XMでは1ユーザーにつき最大8つの口座を持つことができますが、その複数口座間で両建てを行うことは規約違反に該当します。

複数口座を持っている方がよくやってしまう取引ですが、禁止事項に該当しペナルティの対象となるため気を付けてください。

例えば、XMでA口座とB口座の2つの口座を持っているとします。

  • A口座ではユーロ/ドルの買い注文をする
  • B口座ではユーロ/ドルの売り注文をする

このような取引は複数口座での両建てとなり、出金拒否や口座凍結などのペナルティを課せられる可能性があります。ルールを理解していないと、複数口座間で両建てはしてしまいがちですので、忘れずに覚えておきましょう。

他業者の口座を利用した両建て

XMでは、XMの口座と他業者の口座を利用して両建てを行うことも規約違反に該当します。これも、海外FX業者のほとんどはゼロカットシステムを導入しているため、トレーダーはリスク0で大きな利益を狙えてしまうからです。

例えば、XMとiFOREXの口座をそれぞれ持っていたとします。

  • XMの口座からユーロ/ドルの買い注文をする
  • iFOREXの口座からユーロ/ドルの売り注文をする

このような取引は他の業者を利用した両建てとなり、出金拒否や口座凍結などのペナルティを課せられる可能性があります。複数の海外FX業者を使って取引する際には気を付けてください。

中には、「業者が別ならバレないのでは?」と思う方もいると思います。しかし、業者側にとってのデメリットの大きさから業者間でも情報共有を行い、厳しく取り締まっています。

規約違反がばれてしまい、ペナルティを負うことがほとんどですので注意してください。

グループでの両建て

複数人のグループを組んで複数口座から両建てを行うことは規約違反に該当し、出金拒否や口座凍結などのペナルティを課せられる可能性があります。

例えば、友達と2人で計画をして、それぞれ口座を開設したとします。

  • 自分の口座からユーロ/ドルの買い注文をする
  • 友達の口座からユーロ/ドルの売り注文をする

一人で両建てを行うのは難しいと踏んで、組織的な両建てを企てる人がいますが、取引プラットフォームが統一されていることからもばれる可能性は非常に高いです。

売りと買いを同じタイミングで同じロット数行うのは不自然ですので、取引履歴のデータをたどればすぐに判明してしまうようです。

過去には組織でのアービトラージがばれて、利益を取り消された事例もあります。場合によっては、個人で行うよりも重いペナルティが課せられることもありますので、絶対にやめましょう。

特定の通貨をヘッジする両建て

これは厳密な意味では「両建て」ではありませんが、特定の通貨をヘッジする両建てについても出金拒否や口座凍結などのペナルティを課せられる可能性があります。

特定の通貨をヘッジするというのは、「似た動きをする通貨ペア」の逆ポジションを保有する取引のことです。

ヘッジ

将来の価格変動リスクを回避・軽減するために行う取引のこと。保有ポジションが下落する可能性がある場合に、その保有銘柄のポジションを直接売るのではなく、先物などを売ることによって損失を回避しようとすること。

例えば、「ユーロ円」の買いポジションを持っている場合に「ユーロドル」の売りポジションを注文すると、両建てと同じメリットを得ることができます。

EA(自動売買)を利用して偶然このようなポジションを保持してしまう程度なら問題ありませんが、故意に何度も繰り返すとXMに不正を疑われてしまうで、注意してください。

窓埋めや経済指標の発表を狙った両建て

窓埋めや経済指標の発表を狙った両建ては規約違反に該当し、出金拒否や口座凍結などのペナルティを課せられる可能性があります。

このような取引に限らず、窓開けや経済表発表のタイミングの取引は利益が出やすいため、このタイミングを狙うトレーダーも多いです。

しかし、窓開けや経済指標発表時にハイレバレッジでの取引を繰り返す行為は悪質な取引だとみなされてペナルティが課せられる恐れもあるので気を付けてください。

規約違反がばれたらどうなる?

規約違反に該当する両建てが判明した場合、重いペナルティが課せられます。最悪の場合、口座凍結の対象にもなりますので絶対にやめましょう。規約違反をした際の主なペナルティは下記の通りです。

ペナルティ一覧
  • 口座凍結
  • 出金拒否
  • レバレッジの引き下げ
  • 利益の取り消し

また、取引ルールを理解せずに悪意なく違反行為をした場合でもペナルティの対象になります。XMで取引を始めるにおいて規則を守ることは当たり前のことですので、「知らなかった」では済まされません。

XMの利用規約はXM公式サイトからマイページにログインし、「口座」>「法的文書」と進むと契約条件などが書かれたPDFファイルがダウンロードできます。

XMで取引を始める前に、禁止事項や利用規約について詳しく確認し理解することが重要です。禁止事項や利用規約について詳しく確認し理解してから、XMで取引を始めるようにしましょう。

\ 今なら13,000円が絶対にもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)の両建てに関する注意事項

XM(XMTrading)の両建てに関する注意事項

XMで両建てを行う際には注意事項ががありますので、この機会に確認してください。

必要なスワップポイントが2倍になる

両建てでは「売り」「買い」で2回の注文をおこなうため、この2つのポジション分のスワップポイントがかかってきます。

スワップポイント

2つの通貨を交換するときに生じる金利差調整分のこと。

日々変動はありますが、スワップポイントは通貨ペアごとに金利が決まっており、高金利な国の通貨を買って低金利の国の通貨を売った場合は、その金利差分を受け取ることができます。

そして逆に、低金利の国の通貨を買って高金利の国の通貨を売る場合は、金利差分のスワップポイントの支払いが発生します。

スワップは、ニューヨーク市場のクローズをまたいでポジションを保有していた場合に付与または支払いが生じます。注文をしたその日のニューヨーク市場のクローズ前にポジションを決済した場合は無効になります。

2024年2月現在のドル円を1ロット保有しているときに発生するスワップポイントは下記の通りです。

スワップポイント日本円
買いスワップ(ロング)10.561056円
売りスワップ(ショート)-19.04-1904円

この場合、もしニューヨーク市場のクローズをまたいでドル円のの買いポジションを1ロット保有していたとするとスワップポイントとして1056円を受け取ることができます。

しかし、両建てをしていて売りポジションを1ロット保有していた場合はマイナススワップとして1904円を支払わなければいけません。

通貨ペアによっては、売り・買いの両方ががマイナススワップになっていることもありますので、その場合ダブルコストとなってしまします。両建てを持ち越す場合には、事前に保有ポジションのスワップポイントを確認しておくようにしましょう。

経済指標発表時の両建てはリスクがある

XMで両建てをする場合、経済指標発表のタイミングは特に注意が必要です。

これは、経済指標が発表されるタイミングは市場の価格変動が激しくなり、値動きが大きいためです。両建ての注文タイミングによっては、一度の取引で多額の損失を出してしまう可能性があります。

また、経済指標発表時はマイナス残高のリセットが可能なゼロカットシステムと、ハイレバレッジを悪用した取引を繰り返すとペナルティの対象になることもあります。

XM側で経済指標発表時に両建てすることを禁止しているわけではありませんが、念のためやりすぎないようにしましょう。

このように、経済指標発表時の取引はリスクが大きいので、慎重に取引することが重要です。市場の相場変動が激しいタイミングでの両建ては控えるか、知識をしっかり身に着けてから行うことをおすすめします。

両建ては同時に解除しないと危険

両建てを解除する場合は、同時に解除しないと証拠金が必要になるので注意してください。

XMで同じロット数で両建てを行っている間は証拠金が0になるので、この両方のポジションを同じタイミングで決済した場合は証拠金は一切必要になりません。

しかし、先ほど両建ての解除方法でお伝えした手順ではなく、片方ずつポジションの決済を行う場合は、証拠金が必要になります。

証拠金額によっては、片方のポジションを決済したと同時に証拠金維持率がロスカット水準を下回り、強制ロスカットになってしまう場合もあります。

証拠金に余裕のある場合は特に問題ありませんが、証拠金維持率がロスカット水準ギリギリの場合などは、必ず同時に両建てを解除するようにしましょう。

強制ロスカットの恐れがある

基本的に、両建ては損益が固定されているため証拠金は不要で、強制ロスカットの恐れもありません。しかし、いくつか例外があり、両建てでも強制ロスカットとなる場合があります。

強制ロスカットになる例外
  • 相場変動により、極端にスプレッドが広がった場合
  • スワップポイントの支払い額が大きくなった場合

上記の2つの場合、有効証拠金維持率が下がり、ロスカット水準を下回ってしまうと強制ロスカットが行われます。

特に、両建ては相場の動きを見極めるために、ポジションを数日間維持することも多いです。この時にマイナススワップが発生していると、必要になる証拠金も大きくなるので要注意です。

また、通常時はスプレッドの狭さが大きく変動することは少ないですが、連休明けや年末年始など取引量が減るタイミングや相場の急騰によってスプレッドが極端に広がる場合もあるので注意が必要です。

原則として証拠金維持率が20%を切ると強制ロスカットが行われるので、必要なスワップを事前に計算することやリスクのあるタイミングを避けることを意識して取引することが大切です。

EAの利用にはロジックを組む必要がある

XMでは、EA(自動売買システム)の利用が認められており、保有する複数口座で同時にEAを稼働させることも許可されています。

ただし、複数口座でEAを稼働させる場合には、複数口座での両建てをしないようにロジックを組まなけれないけません。

EAを利用しているので、いくら自分の意思で両建てをしていないとしても、出金拒否や口座凍結などのペナルティを課せられる場合があります。

EAが複数口座間で完璧な両建てを行うことは稀ですが、もし複数口座間での両建てがあったとXM側に判断された場合は利益分の出金拒否や口座凍結の対象になりますので気を付けてください。

\ 今なら13,000円が絶対にもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)の両建てに関するよくある質問

XM(XMTrading)の両建てに関するよくある質問
XM(XMTrading)での両建ては禁止?

同一口座での両建てを禁止してされていません。

ただし、複数口座やグループ、他業者を利用した両建ては禁止されており、見つかった場合はペナルティの対象になります。

両建てにEAを使用しても大丈夫?

EAを利用した両建ては問題ありません。

ただし、EAを利用しての複数口座を使った両建ては禁止されているため、複数口座でEAを使用する場合は、複数口座間で両建てしないようにロジックを組む必要があります。

規約違反になる両建てはどんな取引?

複数口座からの両建ては出金拒否や口座凍結などのペナルティを課せられる可能性があります。具体的には、同一人物が複数口座から両建てを行うこと、他業者の口座を利用して両建てを行うこと、複数人でグイループを組んで両建てを行うことを禁止しています。

禁止されている両建てを行うとどうなる?

禁止されている両建てを行っていたことが発覚した場合、出金拒否や利益の取り消しなどのペナルティが課せられます。最悪の場合、口座凍結の対象になる可能性もあるので気を付けてください。

両建ての注文手順が知りたい。
  1. 買いまたは買いいずれかの注文を行います。
  2. 1とは逆の注文を行えば、両建ての注文は完了です。
両建てを解除する手順が知りたい。

PCからの解除手順は以下の通りです。

PCでの解除手順
  1. 解除したい両建てポジションの上で右クリックしてください。
  2. メニュー項目の中から「注文変更または取り消し」を選びます。
  3. 注文種別のプルダウンを開き、「両建て解除:通貨ペアを指定」を選ぶと両建ての解除は完了です。

次に、スマートフォンからの解除手順は以下の通りです。

スマートフォンでの解除手順
  1. 「トレード」画面から解除したい両建てを長押しします。
  2. 画面が切り替わり、「両建て解除」ボタンが表示されるのでタップすれば両建ての解除は完了です。
両建てはロスカットを防ぐことができる?

同じ取引量での両建ては損益が固定されており、証拠金が0になるため一時的にロスカットを防ぐことができます。

ただし、ポジションを片方ずつ決済したり、スワップポイントがかさむことによって証拠金維持率が20%を下回ると、強制ロスカットが実施されるので注意が必要です。

XM(XMTrading)の両建てでナンピンはNG?

XMでナンピンをすることは問題ありません。ただし、ナンピンは相場が逆方向にさらに動いた場合は大きな損失を負ってしまいますのでリスクが高い取引手法になります。

資金1万円からでも両建てで稼げる?

1万円の資金からでも、両建てを活用して損失を回避しながらトレンドを見極めれば大きな利益を狙うことができます。

また、XMは豊富なボーナスキャンペーンを開催しているため少ない資金からでもお得に取引をすることが可能です。

両建てをしたら業者にばれる?

業者側はトレーダーの取引履歴を確認することができます。そのため、業者側は怪しい取引を行うユーザーをしっかりとマークしています。

一見、ばれないと思うような他業者を利用した両建てについても業者側は他業者と情報提供を行って厳しく取り締まっています。

利用規約に反する行為が判明した場合は、口座凍結や出金拒否などのペナルティが課せられる可能性もありますので不正な両建ては絶対にやめましょう。

不正な両建てをしたらどんなペナルティがある?

XM側に不正行為がばれると、その内容に応じてレバレッジ制限・利益の取消・出金拒否・口座凍結などのペナルティを課せられます。

XM(XMTrading)の両建てまとめ

XM(XMTrading)の両建てまとめ

XMで承認されている両建ては、「同一口座での両建て」のみです。その他の「複数口座からの両建て」については規約違反に該当し、重いペナルティが課せられる可能性もあるので絶対にやめましょう。

両建ては、証拠金が0になることや損益が固定されることなどからメリットも大きいですが、タイミングによっては大きな損失につながることもあるので慎重に取引することが重要です。

XMが公表している両建ての規則をしっかり理解して、両建て取引にチャレンジしてみてください。

\ 今なら13,000円が絶対にもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

目次